logo
 

 

 

今後の展示スケジュール Exhibition Schedule
Please note that the schedule may be subject to change.


2017.7.22-8.17

「ドヤ街」
梁丞佑、橋本照嵩、星玄人、須田一政、井上青龍


Doyagai ー Day labouring districts of Japan

Photographs by Seung-Woo Yang, Shoko Hashimoto, Haruto Hoshi, Issei Suda and Seiryu Inoue


※梁丞佑写真集『人』と橋本照嵩『山谷』を禅フォトギャラリーより刊行いたします。Zen Foto Gallery will publish
"Sanya” by Shoko Hashimoto and " End of the Line ー Kotobukicho” by Seung-Woo Yang to accompany the exhibition.

2

ここで取り上げる三つのドヤ街は、日本の主要都市である東京、横浜、大阪にある、肉体労働者が集中して集まる地区のことだ。20世紀の日本の都市は、地方からの移住者をのみ込み、成長してきた。

山谷は、かつての東京・江戸の北の境界で、移住者にとっては、東北地方から東京に入る前の最終地点となる。この境目の地域には「どや」と呼ばれる安宿があり、移住者たちはそこに泊まり、酒を呑み、買春をすることができる。山谷は、今日の吉原の北側に位置している。死刑宣告を受けた男が東京を去り、処刑所に至る直前の橋が泪橋である。山谷は泪橋を中心に広がっている。

私がいつから山谷に魅了されるようになったのか、正確には憶えていないが、いずれにせよそれは、1980年代の終わり頃、日本が不動産バブルに沸く頃だった。私は、87年には日本の建設業界のアナリストとして活動するようになる。東京は、初めてのスカイラインを作るために古きものを一掃した。その工事に、山谷の路上から、労働者たちが日雇いで駆り出されたのだ。

私は、百々俊二の『新世界むかしも今も』におさめられた写真を通して、大阪・釜ヶ崎のことを知った。1986年に出版されたその写真集は、新世界とその住人のポートレイトである。新世界は、南大阪の境に位置する釜ヶ崎と隣り合う大阪の歓楽街であり、南大阪にとって、北東京に対しての山谷と同じような関係性にある。

三番目のドヤ街は横浜の寿町だ。横浜の南側をぶらついている時に偶然足を踏み入れた。近所の学校に通っていた娘が、炊き出しを手伝ったりもした。

機会さえあれば、それらの場所をまた訪れてーー時にそれが力を削がれるような体験であろうともーーあの独特な空気をまた味わってみたいものだ。

後に私は、ドヤ街で撮られた日本写真の幾つかの「古典」と出会うことになる。とりわけ、それら全ての父ともいうべき井上青龍の「釜ヶ崎」である。井上は1950〜60年代に釜ヶ崎を撮った。ちょうど、先輩である井上が若き森山大道に影響を与えた頃でもある。

ドヤ街は多くの写真家の主題であり続けてきた。その写真集のうちの幾つかをこの文末で挙げている。この展覧会では、井上青龍の作品とともに、4人の卓抜の現代写真家による作品を紹介する。

寿町 : 梁丞佑 「人」
釜ヶ崎 : 星玄人 「大阪 西成」
釜ヶ崎 : 須田一政 「走馬灯のように 釜ヶ崎 2000・2014」
山谷 : 橋本照嵩「山谷」

梁の作品は10年前に撮られた。彼は撮影を始める前に、その場所と人を知るために寿町で時間を過ごした。ふつう、ドヤ街でカメラを持つことは難しい。梁の、肉体労働を含むさまざまなことに手を染めた経験が、その閉鎖的な社会に馴染み、信用を得る助けになったに違いない。

星は、新宿の夜の世界を被写体に卓越した写真を撮った。そしてここでは、彼が釜ヶ崎(大阪西成)で撮った印象的なカラー写真を紹介する。

須田は大阪芸術大学で教鞭をとっていた頃、ミノックスカメラを携えて釜ヶ崎の街を歩いていた。近年ではその地区の別の側面を観察するために夏祭りの期間中にそこを訪れた。時折、街にカメラを持ちこんでいることに対して言いがかりをつけられもした。今日でも路上では違法なギャンブルやその他の行為が行われていることを理由に、地元の人々は街の外の人間に対して疑り深く、神経を尖らせている。

橋本は自身の故郷である東北とその他の地方を撮った写真で知られる存在であるが、60年代に若き青年として初めて東京にやってきた頃、山谷に住み、日雇い労働者としてある期間働いていたことがあった。その後、彼は写真を撮る目的で山谷に戻った。

ドヤ街は特別な場所だ。ドヤ街は私たちの本性と根源を表している。それは、仮面を剥がされ、持ち物とお金を無くし、権力を奪われた私たちそのものだ。

今日ではほとんどの人が都市に住んでいる。そして、暮らしは文明化されていると考えられている。しかしながら、私たちはどのようにしてここまで来て、快適な暮らしを送っているのだろうか?たいてい、私たちの先祖がよりよい暮らしを求め荒れ地から出てきて、圧倒的な困難と格闘してきたのだろう。彼らはみな、ドヤ街か、それに相当する場所を通過してきたのだ。
私は自分の家系の100年以上前の歴史をほとんど知らない。しかしながら、この短いたった1世紀の間に、渡りの炭坑労働者だった家族がいた。首つり自殺をした家族がいた。戦争で婚約者を失い、次の戦争で命を奪われた人、戦火のもと家族と離ればなれになった人、アルコール中毒と倒産を同時に経験した人を、貧困にあえぐシングルマザーとその小さな子供たちを、私は知っている。それらの苦しみは、どのような家系にあっても、いつか、私たちの先祖が味わってきたことだ。ドヤ街は、時代を超えて人間が経験し得るそのような現実と私たちを向き合わせてくれる。


マーク・ピアソン 禪フォトギャラリー 2017年6月


The three doyagai are the districts where manual labourers gather in the three great Japanese cities of Tokyo, Yokohama and Osaka.

Japan’s cities have grown during the past century by absorbing migrants from the countryside. Sanya sits on the outskirts of the northern boundary of old Tokyo, a last stop for migrants from the great northern region of Tohoku before entering the city. In this marginal district the migrants find cheap doss-houses, and their establishments for drinking and whoring. Sanya sits to the north of the pleasure quarters of Shin-Yoshiwara. As the condemned man walked out of Tokyo, the last bridge to cross before reaching the execution ground was called Namida-bashi, or bridge of tears. Sanya is centred on Namida-bashi.

I cannot remember exactly how my fascination with Sanya began, but it was during Japan’s real estate bubble in the late 1980s. In 1987 I started working as an analyst covering Japan’s construction industry. Tokyo swept away the old to create a new pristine skyline that was built by labourers picked up daily from the streets of the old Sanya district.

I learned of Osaka`s Kamagasaki through the photographs of Shunji Dodo in his book of photography, “Shinsekai: Mukashi mo ima mo” (新世界 むかしも今も). Published in 1986, this is a portrait of Shinsekai and its residents. Shinsekai is a pleasure district of Osaka and lies next to Kamagasaki on the border of southern Osaka, functioning for southern Osaka much as Sanya does for northern Tokyo.

The third Doyagai is Kotobukicho in Yokohama. I encountered it by chance as I wandered parts of southern Yokohama, and my daughter also helped out as a soup kitchen while she attended a nearby school.

I would take any opportunity to revisit these places and experience their unique atmosphere, even if it was sometimes an enervating experience.

I later came to several classics of Japanese photography that were created in the doyagai, notably the father of them all, “Kamagasaki” by Seiryu Inoue, who photographed the district in the 1950s and 1960s, during which period he also mentored the young Daido Moriyama.

These doyagai have been the subject of many photographers, and I list some of these books below. In the current exhibition, we are introducing works by four great contemporary photographers alongside a selection of works by Seiryu Inoue:

Kotobukicho : Seung-woo Yang “End of the Line ー Kotobukicho”
Kamagasaki : Haruto Hoshi “Nishinari, Osaka”
Kamagasaki : Issei Suda “Kamagasaki Magic Lantern”
Sanya : Shoko Hashimoto “SAN'YA 1968.8.1 - 8.20”

These works of Yang were taken over a decade ago. He spent time in Kotobukicho getting to know the place and the people before beginning to take photographs. The doyagai are areas where a camera is usually not welcome. Yang is a man who has turned his hand to many things, including manual labour, and this must have helped him blend into this very closed society and gain its trust.

Hoshi has taken remarkable photographs of the demi-monde of Shinjuku and we are pleased to introduce his arresting colour photographs taken in Kamagasaki.

During a period of teaching at the Osaka University of Arts Issei Suda would walk the streets of Kamagasaki with a Minox camera. More recently he visited during a midsummer festival to observe another aspect of the district. Suda was occasionally challenged for being there with a camera. Even today the locals are suspicious and nervous of outsiders, in part because illegal gambling and other activities take place on the streets.

Hashimoto is best known for his photographs taken in his native Tohoku and other parts of rural Japan. But when he first came to live in Tokyo in the 1960s as a young man, he lived for some periods in Sanya and worked there as one of the casual day labourers. Later on, he went back to Sanya to take photographs.

The doyagai are special places. They reflect our essential selves, our origins. Stripped of masks. Stripped of possessions. Stripped of money. Stripped of power.

Most of us now live in cities. We think our lives are civilised. But how did we arrive here and come live our comfortable lives? In most cases our ancestors came from the fields in search of something better, and struggled through crushing difficulties. They passed through the Doyagai or their equivalent. I know almost nothing of my family history of more than 100 years ago, but even within the past short century, I know of family who have been itinerant coal miners, who have hanged themselves, who have lost a fiance in one war, who have died in another war, who have been separated from their family in wartime, who have been alcoholic and bankrupts, who have been destitute single mothers with small children. These are hardships that every family endures. The Doyagai bring us back to the realisation and to the common experience of our humanity.

Mark Pearson, Zen Foto Gallery, June 2017




2017.8.22-9.2

架菜梨案ペインティング展
Kanaria Painting Exhibition

 

 

 

開廊時間Open hours:
Tue(火)- Sat(土)12:00 - 19:00
(closed on Sun., Mon, & National Holidays 日・月・祝休廊) 
〒106-0032 Piramide Building 2F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
E-mail: info@zen-foto.jp

Copy Right (c) 2009-2015 Zen Foto Gallery, All rights reserved