logo
 

 

 

原田直宏写真展「三つ目の部屋へ」
Naohiro Harada "The Third Room"
 Press Release

会期:2018年6月22日 [金] - 7月14日 [土]
レセプションパーティー:6月30日[土]18:30 - 20:00
展示の開催に合わせ、写真集『三つ目の部屋へ』を刊行します。

Dates: June 22 – July 14, 2018
Opening Party: June 30, 18:30 - 20:00
A photography book "The Third Room" will be published by Zen Foto Gallery to accompany the exhibition.



1

 

禅フォトギャラリーは、6月22日(金)から7月14日(土)まで、原田直宏写真展「三つ目の部屋へ」を開催いたします。禅フォトギャラリーでの最初の個展となった前作「泳ぐ身体」で、光と影の隙間を生きる人間性の揺らぎを表現した原田は、今作で人間の内側に潜む意識にフォーカスをあて、その曖昧で揺らぎやすい明滅を、色彩際立つカラー写真作品として制作しました。人が生きる中で、本質的に関わり続ける「身体を動かす-意識する-無意識になる」という非物質的な力の繋がりを、誰もが日常で身に纏い、目に見えない1つの物語として所有していることを示唆しています。

古典的な写真技法「レイヨグラフ」とストリートフォトグラフを混ぜ合わせながら、印画紙に焼き付けた新作を是非ご覧ください。また、展覧会に合わせ、同名タイトルの写真集を刊行いたします。


三つ目の部屋へ


この写真群は、閉ざされた空想の中で三つの部屋を移動していく
ある人の運動と思考の痕跡である。

三つの部屋とは以下三つの目で構成された、
奇妙で閑散とした空間のことである。

一つ目の部屋:眼
光で色彩を感知する目

二つ目の部屋:幻、印象
眼球で見たものが時間の経過で摩擦し、
意識の中を眺めている目

三つ目の部屋:不可知
まだ何も見えていない、いつか見えるかもしれないことを想像し、
無を見つめようとする目

そこは、青いと思えば、青く、赤いと思えば、赤い現在が生まれる、ガラスのような架空の部屋であった。

この作品は、現実に少し似た物語の中から、抜き出された光と感覚で描かれた絵本のような世界の一端である。

― 原田直宏

 

Zen Foto Gallery is pleased to announce our second solo exhibition with Naohiro Harada, “The Third Room”  from June 22 to July 14, 2018. In his previous exhibition “Drifting”, Harada portrayed the flickering of humanity in between light and shadow. This time with “The Third Room”, Harada focused on the subconsciousness of humanity and presented its ambiguity and transience with his saturated color images. They are Harada’s attempt to depict the metaphysical relationships among movement, consciousness and unconsciousness that are quintessential to our daily lives.

The exhibition will show a mix of streetsnaps and photograms hand-printed by Harada. A publication and special limited edition under the same title will be published by the gallery to accompany the exhibition.



THE THIRD ROOM


This body of work traces movements and thoughts that switch in between 3 different “rooms” inside one’s imagination.

The three rooms are strange and empty,
composed of the following three perceptions.

the first room: the eye
perception of colour through light

the second room: illusion and impression
perception of consciousness - after colliding with time

the third room: the unknowable
perception of nothingness - imagining things that cannot be seen might become visible one day

In this imaginary room that seems to be made of glass,
Things become blue if you think they are blue and red if you think they are red.

This work is like an illustrated story depicted by light and senses, gathered from the reality world.


― Naohiro Harada


原田直宏(はらだ なおひろ)|1982年、東京生まれ。2010年、早稲田大学芸術学校空間映像科卒業。2011年に新宿と大阪の ニコンサロンで初の個展「泳ぐ身体」を開催。2014年にBankART Studio NYK(横浜)にて開催された「Group exhibition vol.2  HAKKA」に参加し、同年禅フォトギャラリー(東京)で個展「泳ぐ身体」を開催した。2016年には東塔堂(東京)「REMIXING GROUND 混在する都市 ヨハネスブルグ×東京」(Andile Buka と共同企画展)に参加。

Naohiro Harada|Born in 1982 in Tokyo, Harada graduated from Art and Architecture School of Waseda University in 2010. His exhibitions include “Drifting” (Zen Foto Gallery, 2014). In 2014, Zen Foto published his first publication “Drifting”. Harada is currently based in Tokyo.

【写真集刊行のお知らせ Publication information】

原田直宏『三つ目の部屋へ』
Naohiro Harada “The Third Room”

刊行予定日 2018年6月20日|H297 x W210mm|70頁|無線綴じ、カバー付き|カラー作品30点|英語、日本語|300部限定| 5,000円  (税込)|プリント付きB4変形サイズスペシャルエディション有り(プリントサイズ:8x10inch、限定30部、ポスターカバー、価格未定) お問い合わせ info@zen-foto.jp、写々者(www.shashasha.co)

Publication date: June 20, 2018|Size: H297 x W210 mm x 6mm | 70 pages|31 plates|6 graphic artworks | Softcover|English & Japanese|Limited edition of 300 copies|JPY 5,000 (tax incl.)|Special edition with a print - limited to 30 copies | price TBD|Inquiry: info@zen-foto.jp or shashasha (www.shashasha.co)


 

 





 

 

開廊時間Open hours:
Tue(火)- Sat(土)12:00 - 19:00
(closed on Sun., Mon, & National Holidays 日・月・祝休廊) 
〒106-0032 Piramide Building 2F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
E-mail: info@zen-foto.jp

Copy Right (c) 2009-2015 Zen Foto Gallery, All rights reserved