4

 

 

2015年1月9日(金)〜1月31日(土)

渡辺 眸 写真展「東大1968-1969──封鎖の内側」
Hitomi Watanabe "Tokyo University 1968-1969──Behind the Blockade"

1


■アーティストレセプションパーティー:2015年1月16日(金) 18:30~20:30

■ビンテージプリント約9点とモダンプリント19点を展示致します。


■写真展図録『東大1968-1969』禪フォトギャラリーより刊。
B5サイズ。48ページ。500部。販売価格3,300円(税抜)

■Exhibition catalogue "Tokyo University 1968-1969" will be published by Zen Foto Gallery. B5 size. 48 pages. Text in Japanese and English. In a limited edition of 500 copies. Y3,300(tax excl,)

 

文/渡辺 眸

1968年は世界が揺れた年であった。べトナム戦争は長期化し、パリでは学生たちによるデモ、チェコは「プラハの春」を恐れた国々に制圧された。アメリカではキング牧師やロバート・ケネディが暗殺された。その一方では翌年、アポロが月に到着した。

そして1968年は私が写真を撮り始めた時でもあった。新宿の街をカメラを持ってほっつき歩き、人々を、気づいたものを趣くままに撮っていた。そんな日々が続いたある夜中、新宿周辺が群集で大混乱になっている流れに遭遇した。「国際反戦デー」のデモであった。いままでメディアの情報として知っていたベトナム戦争、群衆のひとりとしてリアリティになった。機動隊のサーチライトが揺れる群集の中ヘルメット群を照らし、そのシルエットが激しく揺れ、うごめく。日本のステュ–デントパワーが社会と対峙し巨大なうねりとなっている。

この前後、私ははじめて東大の本郷キャンパスに入った。山本義隆氏(当時東大全共闘代表)に出会ったことが、インスパィアーされ、東大闘争を撮る決定的なものになったのである。バリケード内は地方からの学生、一般の人々、高校生たちの自由に出入りできる解放空間でもあった。

47年近く経ったいま記憶がだんだん遠のいていくなか、唯一残されたフィルムによって、新たな記憶。奥深くあった全共闘のスピリットが引きだれてきました。 (渡辺 眸)


Text / Hitomi Watanabe


1968 was a year of instability  - with the prolonged Vietnam war, student protests in Paris, repression of Czechoslovakia by those countries which were shaken by the “Prague Spring”. America saw the assassinations of Martin Luther King and Robert Kennedy. On the other hand, the Apollo mission landed on the moon the following year.   

1968 was also the year I began photography. I wandered around downtown Shinjuku with a camera, capturing people and whatever caught my attention. One night, I came across a crowd causing great turmoil in Shinjuku. I learned that it was an international anti-war protest. Before that, the Vietnam War had seemed to me merely information transmitted from the media, but I felt its reality after joining the protest. As the Riot Police searchlight lit up students' helmets in the heaving crowd, their silhouettes would shiver violently. Student Power in Japan became a powerful tide fighting against society.

Around that time, I stepped foot into Tokyo University's Hongo Campus for the first time, and met Yoshitaka Yamamoto, who was then representative of Todai Zen-kyoto. He inspired me. It was he who made me so determined to document the Todai protests. Inside the barricades actually was an open space, into which non-local students, the general public and even high school students could go.  

Forty-seven years have now passed since then, and some memories are dimming - but film creates new memory. The spirit of Zen-kyoto is brought back to life.

 

渡辺 眸(わたなべ・ひとみ)

1968年、東京総合写真専門学校卒業。卒業時の制作展で「香具師の世界」を発表し、その後も撮り続けて「アサヒグラフ」「写真映像」に作品が掲載される。同じ頃、新宿の街を撮る中で全共闘ムーヴメントに出合う。

'72年にアジア各国を旅しインド、ネパールを初めて訪ねた際、魂の原郷と感じてしばらく暮らす。帰国後「命あるもの」へのメッセージとしてスピリチュアル・ドキュメントを軸に撮っている。最新シリーズ[Lotus]は撮り続けて10年を超える。

写真集に『天竺』(野草社、1983年)、『モヒタの夢の旅』(偕成社、1986年)『猿年紀』(新潮社、1994年)、『西方神話』(中央公論社、1997年)『CD-ROM西方神話』(デジタローグ、1998年)、『ひらいて、Lotus』(出帆新社、2001年)、『てつがくのさる』(出帆新社、2003年)など。2007年10-11月に銀座・大阪のニコンサロンで写真展「全共闘の季節」を開催。2013年5-7月に東京都写真美術館にて「日本写真の1968」企画展に出展。現在は東京都写真美術館、禪フォトギャラリー、ツァイトフォトサロン、小宮山書店などがコレクションとして所蔵。

1968    Graduated from Tokyo College of Photography (Tokyo Sogo Shashin Gakko). Graduating exhibition was “World of the Street Hawkers”, which was extended with further work and published in “Shashin Graphic” and “Shashin Eizo” magazines. Photographed the streets of Shinjuku, and then became involved with the Zen-kyoto student movement.

1972    Began travels through Asia. Visited India and Nepal and, finding it the home of my soul, decided to remain. Since returning to Japan, my photography has been essentially a spiritual document as a message to “Living Spirits”. My latest photographic work “Lotus” began seven years ago.

<Photography books>

“Tenjiku” (Shinsensha, 1983)
“Mohita`s Dream Journey” (Kaiseisha, 1986)
“A Monkey`s Year” (Shinchosha, 1994)
“Myths of the West” (Chuokoronsha, 1997, CD-ROM, 1978)
“Open, Lotus” (Shuppansinsha, 2001)
“The Monkey Philosopher” (Shuppansinsha, 2003) etc.

<Exhibitions>
2007 “Season of Zen-kyoto”, Nikon Salon Tokyo, Osaka
2013 “1968 in Japanese Photography”, Tokyo Metropolitan Museum of Photography

 


 

 

 

 




開廊時間Open hours:
Tue(火)- Sat(土)12:00 - 19:00
(closed on Sun., Mon, & National Holidays 日・月・祝休廊) 
〒106-0032 Piramide Building 2F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Copy Right (c) 2009-2011 Zen Foto Gallery, All rights reserved