logo
 

 

 

 

梁丞佑『青春吉日』新装版刊行記念写真展
Seung-Woo Yang "We're shit but champions"
— Celebrating the new edition of
"The Best Days" 

会期 Dates:2019年6月21日 [金] - 7月13日 [土] 
レセプション・パーティー Opening Party:6月28日[金] 18:00-20-00

Press ReleaseDM Download

8

禅フォトギャラリーは、6月21日(金)から7月13日(土)まで、梁丞佑『青春吉日』新装版刊行記念写真展「We're shit but champions」を開催いたします。2012年に禅フォトギャラリーより刊行し、その後絶版となっていた梁丞佑 写真集『青春吉日』を、表紙デザインと内容に改変を加えた新装版としてこの度刊行することになりました。本展はその刊行記念として開催する展覧会となります。2012年に発表された本作は、1999年から2006年にかけて当時東京で写真を学んでいた梁が日本と韓国を行き来しながら、昔の仲間の自死をきっかけに自身の軌跡と身近な人々の姿を記録した作品です。展覧会には写真集の中から選りすぐりの約30点のモノクロ写真作品を展示いたします。

『青春吉日』の在庫が無くなって寂しかったというのと、
いろいろあってタイミングが回ってきたから今回新装版を出すことになった。
おかげで、僕のくだらなくも楽しかった人生が、少し豪華になって帰ってきた。

このシリーズの展示は、海外含めて今回で多分8回目くらいで自分で言うのもなんだけど、
多分見てくれる人も「またか~」と思うだろう。
と言うことで、
去年ちょうど娘も生まれたことだし、この作品のまとまった展示は今回を最後に、
娘が20歳ぐらいになるまでは封印しようと思っている。

梁丞佑

Domon Ken Award Winner Seung-Woo Yang’s exhibition with Zen Foto “We’re shit but champions” is a celebration of the release of the new edition of “The Best Days”, which has long been out of print after it was first published in 2012. "The Best Days" is Yang's earlier work photographed between 1999 to 2006 when he was studying photography in Tokyo. Driven by the suicide death of his comrade, Yang documented his life trajectory and people around him while he traveled back and forth between Japan and Korea. The exhibition will be showing about 30 pieces of works in monochrome selected from the photobook.


Life was lonely without a few copies of “The Best Days”.

Due to a series of circumstances, a new edition of the series is now being published.

Thanks to that, my boring but happy life has become somewhat richer.

This is around the 8th time for me to exhibit this series in and out of Japan.

It may be strange for me to say so, but people might actually think, “what, again?” knowing there will be another exhibition for this series.

Since my daughter was born last year, I am planning not to exhibit this series anymore until she turns 20.  

- Seung-Woo Yang



梁丞佑(ヤン・スンウー) |韓国出身。1996年に来日し、日本写真芸術専門学校と、東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業。その後、同大学院芸術学研究科を修了し、日本を中心に活動する。2016年に禅フォトギャラリーより刊行した写真集『新宿迷子』にて、新宿・歌舞伎町の街を居場所とする人々をモノクロームスナップショットで記録し、土門拳賞を受賞。2017年には同じく禅フォトギャラリーより写真集『人』を刊行した。同年パリのinbetween galleryにて個展を開催するなど、近年は国際的にも活躍の場を広げている。その他の写真集に『君はあっちがわ 僕はこっちがわ』(2006年、新風舎)、『君はあっちがわ 僕はこっちがわ II』(2011年、禅フォトギャラリー)、『青春吉日』(2012年、禅フォトギャラリー)がある。

Seung-Woo Yang|Born in Korea, Seung-Woo Yang first came to Japan in 1996. After graduating from Nippon Photography Institute and the photography department of Tokyo Polytechnic University, he completed his graduate research in Media Art at Tokyo Polytechnic University and continued his career in Japan. In 2016, his publication “Shinjuku Lost Child” with Zen Foto Gallery, a monochrome street photography series which focused on the people at Kabukicho, Shinjuku received the 36th Domon Ken Award. He also released “End of the Line - Kotobukicho” with Zen Foto Gallery in 2017 and had his solo exhibition in inbetween gallery, Paris, expanding his activities internationally. His other publications so far include “You’re there and I’m here” (Shinpusha, 2006), “You’re there and I’m here 2” (Zen Foto Gallery, 2011), and “The Best Days” (Zen Foto Gallery, 2012).



【 新刊写真集情報 New Release 】

1

『青春吉日』(新装版)
The Best Days (New Edition)

刊行日: 2019年6月25日|サイズ: H257 x W182mm  | 192頁 | モノクロ138点 | ハードカバー、クロス装|日本語、英語  | 700部限定 | お問い合わせ:  info@zen-foto.jp / www.shashasha.co

Publication date: June 25, 2019|Size: H257 x W182mm  | 192 pages | B&W 138 plates | hardcover|English, Japanese  | Limited edition of 700 | Inquiry: info@zen-foto.jp / www.shashasha.co

 

 

開廊時間Open hours:
Tue(火)- Sat(土)12:00 - 19:00
(closed on Sun., Mon, & National Holidays 日・月・祝休廊) 
〒106-0032 Piramide Building 2F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
E-mail: info@zen-foto.jp

Copy Right (c) 2009-2015 Zen Foto Gallery, All rights reserved